各太陽光メーカーの特色について

taiyoukou

それぞれの太陽光メーカーごとに、太陽電池モジュールには特色を持っています。
シャープは太陽電池モジュールでトップシェアを誇っており、
低反射ガラスを使用することによって多くの太陽光を取り込むことができるのが特徴です。
モニタリングサービスをサイト上で提供していることから、運転状況や診断レポートを携帯端末で知ることもできます。

京セラは日本で初めて住宅用太陽光発電システムを発売したメーカーであり、最新タイプの「タイプU」ではモジュール設置のためのラックを使用していないため、
総重量を軽くすることに成功しています。モジュールを縦に設置することも可能であるため、設置レイアウトを多様化することや搭載容量の拡大も果たしています。

三洋電機のアモルファスシリコンによるハイブリッドタイプでは、発電性能が従来型の太陽電池に比べて格段にアップするとともに、ほかのメーカーと同じ面積であればこちらのほうが屋根に与える負担を軽減させることができます。
三菱電機のモジュールでは、長方形、正方形に合わせて台形型のモジュールを採用することによって、長方形型だけだとデッドスペースになる部分を有効に活用して発電に用いることが可能です。