太陽光発電で回収出来ない家もあります

taiyoukou3
太陽光発電を導入する場合は、まずは見積もりを取ることから始めます。
どのくらいの費用がかかるのかということと、どのくらいの発電量が予想されるのかを、明確に見積もりします。

その上で、費用減価償却がどの程度になるのかを試算することで、太陽光発電システムを導入するかの決定を左右します。

結果を、他人のせいにしない為に、他人の意見は聞かないようにしましょう。
他人とは、業者や知人のことで、業者は最高のメリットと、最低限のデメリットしか言いませんし、知人は太陽光のプロではないからです。

見積もりの時点で、最安値の見積もりで対費用効果が高いものを選ぶようにしましょう。

同じ金額の種類のものが二つあるならば、対費用効果が高い方を選び、
さらに効果的に回収出来るものがあるのなら、もう一度見積もりをしましょう。

太陽光発電システムには今、多数の会社が乗り出している一大イベントのようなものです。

太陽光発電設備を取り付けることで、毎日電気が回収されることになるのです。
太陽光発電を導入するのであれば、早い方がお得になります。

ただ、回収することの出来ない試算がでた時には、きっぱりあきらめましょう。
無駄な工事をして、回収出来ないのであれば意味がありません。 家の構造を見極めて、太陽のエネルギーを吸収できるように、しっかりと活用して行きましょう。